道の駅 田野駅屋:生産者の声 居谷卓さん 

道の駅 田野駅屋

トップページ

地域が輝く【観光情報】

中芸地区観光・宿泊情報
田野町観光情報

田野駅屋の魅力

田野駅屋にズームイン!
特産品・加工品
ご当地グルメ
ゲンキ野菜・生産者紹介
田野駅屋をご存じですか
田野駅屋新着情報
田野駅屋リンク
スタッフブログ
お問い合わせ(メール)
サイトマップ

道の駅 田野駅屋 高知県安芸郡田野町1431・1 TEL&FAX/0887・32・1077

生産者の声

【 農産物 】   居谷 卓さん(田野駅屋活性化協議会会長)

市価より安く、安心安全の野菜を提供しよう! それが活性化協議会の心意気だと思います。
子どもたちの声も田畑に響いています。

「私は木材市場で働き60歳で退職しました。それから野菜づくりをはじめた素人みたいなものですが…それがいつの間にやら活性化協議会の会長に!。現在登録されている組合員は180軒です。田野駅屋が成功し組合員が増えすぎたので、出荷は町内の方を優先しています。組合員の共通認識としては、地場産品を意識して、市価より安く、安心安全の野菜ということに重点を置いていますね」。

田野駅屋の活性化協議会会長の居谷卓さんは、温和な人柄と民間企業で培った経験からリーダーシップを発揮し、会長として組合員をまとめています。自らの野菜づくりは豆類が5~6種類、ニンジンやジャガイモ、カボチャ、トマト、スイカ、レタス、白菜など、一畝(いっせ=一反の十分の一)ずつ種類を変えて、いろいろな野菜をつくっています。

近年は田野町教育委員会から依頼があり、小学生の農業体験の場を提供しています。今年はダイコン、カブ、ジャガイモ、ニンジンの4種類の野菜を、班ごとに種蒔きから収穫までを実施しました。「学校の給食では野菜をあまり食べない子も、ここに来たら良く食べるし、農作業をすることで野菜好きになっていきますね」と居谷さんは優しい表情で話してくれました。